スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童虐待 過去最多 21年、子供が申告も(産経新聞)

 全国の法務局が平成21年に救済手続きを始めた人権侵害のうち、児童虐待は前年比15・6%増の725件、インターネット上の嫌がらせの書き込みは52・6%増の786件で、いずれも過去最多となったことが26日、分かった。

 法務省人権擁護局は、虐待について「児童からの申告が増え、潜在化していたものが浮かび上がってきたのではないか」とみている。

 人権擁護局によると、人権侵害の総数はここ数年は横ばいで、前年比0・9%減の2万1218件。暴行・虐待が5099件と最も多く、うち家族による児童虐待は4年連続で増えた。

 法務局が全国の小中学校を通じて配った「子どもの人権SOSレター」を使い、叔父からの性的虐待を申告、児童相談所に保護されたケースもあった。

 プライバシーを暴露するようなネット上の嫌がらせも毎年増加。法務局は81件でプロバイダー(接続業者)らに削除を求めた。

【写眼】薬師洋行「夢は続く」(2010年)(産経新聞)
「残念、無念の一言」=長官銃撃時効で幹部-警視庁(時事通信)
店の棚から消えた「排卵日検査薬」 メーカーに問い合わせ殺到(J-CASTニュース)
税額控除導入で合意=NPOへの寄付税制-税調PT(時事通信)
短パン窮屈…男子児童の下腹部触った教諭を懲戒免職(産経新聞)
スポンサーサイト

北教組「校長交渉」の文書入手 「学テ公表するな」「異動は組合尊重」(産経新聞)

 北海道教職員組合(北教組)の違法な組合活動で、学校運営が大きくゆがめられている問題で、産経新聞は道内の網走地区などで昨年行われた職場での労使交渉にあたる「校長交渉」の具体的要求を記した組合文書を入手した。主任教諭や学力テスト、自宅研修、指導主事や初任者研修…。文書からは学校運営の細部まで校長の権限をがんじがらめに縛り、学校が「組合解放区」となっている実態が浮かぶ。(安藤慶太)

                   ◇

 4月の人事異動。転任や昇任で新たな思いを胸に赴任校に臨んだ校長を待っているのが職場組合との「着任交渉」だ。

 「職場すべての教職員の意見を尊重し、民主的な学校運営に努力するか」

 迂闊(うかつ)に了承すれば大変なことになる。全教職員の意向を尊重しなければ、何一つ決まらなくなるからだ。これは赴任早々、校長が組合を尊重するかどうかを試す「踏み絵」であり、「罠(わな)」でもある。

 「勤務条件にかかわることは全(すべ)て交渉事項と考えるが、どうか」

 勤務条件に関することは交渉のテーマにはできる。しかし、北海道では「勤務条件に関することは『全て』交渉事項」(四六協定)となり、教育内容や学力テスト、時間割や人事まで本来労使交渉にできないものまで交渉テーマにされてきた。道教委が協定を破棄した今でも、現場レベルで校長に協定と同じ要求をのませているのだ。

 文書にはさまざまな要求とともに校長の署名欄がある。学力テストでは「調査結果は序列化や過度な競争につながる恐れがあり、学校名を明らかにした公表などは一切行うべきではない」。本来、公表の可否は校長や教育委員会が決めるもので、組合が口出しできるものではない。

 「私たちは指導主事学校訪問について反対であり、今後も十分に話し合いを進めるべきで、現時点では『話し合いを継続中』と(教委には)提出すべきと考えるが、どうか」

 北海道では「先生の先生」にあたる指導主事の学校訪問が阻まれている。北教組の激しい闘争で今でも指導主事を配置しない市町村教委も多く「指導主事の学校訪問で問題が生じた場合は分会・校長間で解決にあたるべきと考えるが、どうか」などと組合が口を挟みやすくする要求もある。

 要求は「勤務時間」や「初任者研修」など多岐に及ぶ。人事異動では「校長の具申は本人の意思を尊重する」「分会の意見も尊重する」。

 「夏休みの校外研修」では「自宅研修」についてこんな要求がされる。「研修の実質が備わっていれば、場所を問うものではなく、『学校でできるものは認めない』として学校に拘束したり、自宅での研修を否定するものではないと考えるが、どうか」。これでは校長はがんじがらめだ。

3歳男児が転落死 マンション14階のベランダから誤って転落?(産経新聞)
自民若手有志が執行刷新を申し入れ(産経新聞)
参院広島に亀井郁氏擁立へ=元県議は出馬取りやめ-国民新(時事通信)
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院(産経新聞)
治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題(医療介護CBニュース)

「強権的、独善的」生方氏解任で自民、谷垣総裁(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は19日午前の記者会見で、民主党が小沢一郎幹事長を批判した生方(うぶかた)幸夫(ゆきお)副幹事長を解任したことについて「かねがねあの党の党運営は極めて強権的、独裁的だと思っていた。その現れだと受け止めている」と述べ、民主党執行部の判断を批判した。

【関連記事】
首相「党内の規律が守れない」 生方氏解任で
生方幸夫民主副幹事長「党の“中央集権”、首相は小沢氏を呼び注意を」
小沢氏進退判断 「リミットは4月」
「歴史的使命で判断を」小沢氏に進退検討促す
小沢氏強調「民主支持率はまだまだ高い」
20年後、日本はありますか?

<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)
<秋篠宮さま>ラオスへ出発 28日に帰国(毎日新聞)
<ヒブワクチン>定期接種化を衆参議長に請願(毎日新聞)
<日弁連>「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言(毎日新聞)
鳥取不審死の上田被告、2件目強盗殺人罪で起訴(読売新聞)

会社の寮など全半焼、3人死傷…埼玉(読売新聞)

 23日午前3時55分頃、埼玉県ふじみ野市水宮、防災設備会社「ボルテック関東事業所」から出火し、木造3階建て同事業所を全焼した。

 焼け跡から1人の遺体が見つかった。男性2人がけが。隣接する木造2階住宅2戸が全半焼した。

 東入間署の発表によると、事業所は会社の寮として使われていたという。

 出火当時、男性3人がおり、遺体の身元確認を進めるとともに、出火原因を調べている。

「市民に紛れて生活も」=オウム手配容疑者で情報を-警視庁(時事通信)
<お別れの会>村松巌さん=4月5日、仙台勝山館で(毎日新聞)
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止-仙谷担当相(時事通信)
<香美市長選>門脇槙夫氏が無投票で再選(毎日新聞)
センバツ 小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)

強風でバックネット倒れる、4歳男児と母重傷(読売新聞)

 13日午前10時30分頃、神奈川県相模原市水郷田名の相模川河川敷にある野球場で、鉄製の野球用バックネット(縦4メートル、横8メートル)が強風で倒れ、ネット裏にいた同市田名、主婦久野富士子さん(40)と、次男渚斗君(4)が下敷きになった。

 富士子さんは腰の骨、渚斗君は頭の骨を折って、それぞれ重傷を負った。

 相模原署の発表では、倒れたネットは鉄パイプの外枠に繊維の網を張り、土台部分は逆U字形の鉄棒を地面に打ち込んで固定していたが、強風で抜けたとみられる。

 同市消防局は事故当時、同市中心部で平均風速8・5メートル、瞬間最大風速14・1メートルを観測、河川敷ではさらに強い風が吹いていた。野球場は地元の観光協会が管理している。

 久野さんらは、小学5年の長男が所属する少年野球チームの練習を見に来ていた。

<写真展>笑顔で乗り越えた被災地の子どもたち 東京(毎日新聞)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
<殺人未遂容疑>老人施設で3人刺される 入所者逮捕 福岡(毎日新聞)
<原口総務相>参院総務委に5分遅刻(毎日新聞)
能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)

民主の比例新人が勉強会(産経新聞)

 昨年の衆院選で、選挙区では出馬せず、比例代表の単独候補として当選した民主党の新人議員ら約30人が11日、国会内で勉強会を開いた。新人議員が公式に勉強会を立ち上げたのは初めて。夏の参院選での党への貢献、政策立案能力の向上を目指し、今後も結束を強めていくことを確認した。会長は金森正氏(比例東海)に決まった。

テンの侵入口、屋根付近のすき間か…毛が付着(読売新聞)
覚せい剤所持容疑 「JAYWALK」のボーカリスト逮捕(毎日新聞)
6箇条の誓約書「撤回せず」 「エリカ様」は健在だった(J-CASTニュース)
首相動静(3月16日)(時事通信)
拉致支援法案、衆院委で可決(時事通信)

<兵庫・佐用共立病院の患者骨折>「骨折と死亡、因果関係」院長謝罪 全員が肺炎(毎日新聞)

 佐用共立病院(兵庫県佐用町)で08年12月~09年1月に寝たきり患者6人が相次いで肋骨(ろっこつ)を折った事件で、看護師の羽室沙百理(さおり)容疑者(26)=佐用町山脇=の逮捕を受け、佐用共立病院の穀内隆院長は12日、院内で記者会見を開き、羽室容疑者を11日付で懲戒解雇したことを明らかにし、謝罪した。

 また、県警が骨折者6人(既に全員死亡)の死因と骨折との因果関係を「不明」としている点について、「死因は全員が肺炎。個人的には、骨折と肺炎の因果関係はあったと考えている。ご遺族にきちんと説明して必要な補償を行いたい」と語った。

 穀内院長らによると、08年12月8~30日に確認された3件の骨折について院内で検討したが、皮下出血などがなかったため、「病気骨折の疑い」と判断。09年1月5日に4件目が見つかって初めて「外傷性」を疑った。

 これを受け、病院は内部調査を開始。同月5~7日に幹部が看護師ら約20人と面談したところ、4件中3件の第一発見者だった羽室容疑者は「第一発見者だから疑われるのでしょうか」と目に涙を浮かべていたという。

 内部調査後も同月19日までに2人が骨折。院長らは「羽室容疑者を疑ったことは一度もなかった」と語った。

 羽室容疑者の勤務態度について鷹取久仁子看護部長は「看護師のレベルは普通。トラブルや仲間内のいじめがあったとは聞いておらず、無断欠勤などもなかった」と語った。【大久保昂】

【関連ニュース】
患者6人骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:容疑の看護師「しゃべれない人狙った」 夜勤巡回中か
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 「6人ともやった」供述

<長谷川等伯展>入場者10万人を突破…東京国立博物館(毎日新聞)
“エコチャリ”でGO! 渋滞知らずラクラク富士周遊 河口湖にレンタル電動自転車40台(産経新聞)
協議機関設置、議論入れず=自共「小沢氏招致が前提」(時事通信)
民主の比例新人が勉強会(産経新聞)
法隆寺の土塀破損=重要文化財、瓦割れる-奈良(時事通信)

<日米密約>無利子預金問題は10日以降発表…財務相(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は9日の閣議後会見で、沖縄返還に絡む密約問題に関連し、日本政府が米連邦準備銀行に無利子で6000万ドルを預金していた問題について、「外務省の発表を踏まえ、10日以降できるだけ早い時期に発表したい」と述べた。また「かなり長い期間存在し、ある時点で解消された」とも述べ、現在はこの口座が存在しないことも明らかにした。【坂井隆之】

【関連ニュース】
日米密約:外務省委が報告書 核持ち込みは「暗黙の合意」
元駐日米大使補佐官:「岩国で核保管」66年に3カ月以上
沖縄返還:無利子預金認める 菅副総理「米通知で判明」
沖縄密約:「1億ドル供与と推定」口座記録発見
沖縄返還密約:「補償費肩代わり」推定 有識者委報告へ

【集う】日本ペンクラブ「子どもの本」委員会発足記念シンポジウム(産経新聞)
iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足-京大(時事通信)
拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相「教科内容で決めず」(産経新聞)
高速通信網整備、15年に前倒し=原口総務相(時事通信)
今年のアカデミー賞を占う 「アバター」「ハート・ロッカー」事実上の一騎打ち(産経新聞)

14~16歳の3人死傷=車が電柱に衝突-三重(時事通信)

 9日午前0時5分ごろ、三重県松阪市船江町の国道で、軽四自動車が道路脇の電柱に衝突し、乗っていた3人のうち同市小津町、塗装工の少年(16)が車外に投げ出され、頭などを強く打ち搬送先の病院で間もなく死亡した。同市伊勢寺町、同市市立中学2年の女子生徒(14)は全身を打ち意識不明の重体、同市駅部田町、無職の少女(16)は頭などに軽傷を負った。県警松阪署は、3人のいずれかが運転を誤ったとみて、運転手や事故原因の特定を急いでいる。
 同署によると、現場は片側2車線の見通しのよい直線道路。軽四自動車の右側面が大破しており、何らかの原因でセンターラインを越え、反対車線側の縁石を乗り越えて電柱に衝突、横転したという。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
乗用車同士が正面衝突=高齢夫婦ら3人死傷
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑
羽田で濃霧、130便欠航=東京湾では船舶事故
団地火災で妻死亡、夫重体=電気ストーブ原因か

月給制の介護従事者、報酬改定後に月9500円アップ―厚労省(医療介護CBニュース)
証言拒否でやむなく…4検事4役「熱演」3時間(読売新聞)
わいせつDVD製造グループ会長を逮捕 売り上げ23億円以上(産経新聞)
児童相談所は役立たず 子供虐待「強制立入」わずか2件(J-CASTニュース)
山陽新幹線上り、新大阪―広島駅間で運転見合わせ(読売新聞)

JR大正駅で電車と女性接触(産経新聞)

 4日午前11時35分ごろ、大阪市大正区三軒家東のJR大阪環状線大正駅で、白浜発新大阪行き特急「くろしお10号」が線路内にいた豊中市の女性(66)と接触した。女性は頭を打つなどの軽傷。乗客約90人にけがはなかった。

 JR西日本によると、特急の運転士が直前に女性を発見、急ブレーキをかけたという。大正署は女性が落とした荷物を取ろうとしたのではないかとみている。

 この事故で計31本が遅れ約9100人に影響した。

前原国交相を口頭注意=個所付け通知で-鳩山首相(時事通信)
すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震(産経新聞)
韓国大統領の訪日で調整 シャトル外交の一環(産経新聞)
<インスリン事件>24歳看護師逮捕 京大病院の担当者(毎日新聞)
議論少なく、感想複雑=予算案衆院通過で-菅財務相(時事通信)

<EF510>JR旅客初の新型電気機関車を公開 寝台特急用(毎日新聞)

 JR東日本は3日、東京都北区の田端運転所で、JR旅客各社で初めてとなる新型電気機関車EF510を報道公開した。上野と札幌を結ぶ寝台特急「カシオペア」「北斗星」などのけん引用で、すでに1号機は昨年12月、2号機が1月に同運転所に配属され、営業運転に向け走行試験を行っている。

【写真特集】公開されたEF510や様々な電気機関車が並んだ様子

 EF510は全部で15両製造し、うち2両は「カシオペア」用の特別塗装になる予定。機関車公開に併せ、現在上野駅を発着する寝台特急列車をけん引するEF81とEF64も、北斗星やあけぼのなどのヘッドマークをつけて公開された。【松田嘉徳】

【関連ニュース】
【写真特集】往年のブルートレイン「富士・はやぶさ」「さくら」「あさかぜ」機関車そろい踏み
【写真特集】EF55:“ムーミン”機関車さよなら運転 始発上野駅にファン1500人
【写真特集】往年の名機関車から最新鋭の新幹線まで 日本の鉄道大特集
【写真特集】新幹線:さよなら、500系のぞみ号 最後の雄姿をいろいろな角度から
【写真特集】顔みたいに見える可愛い新幹線・新800系、民家の軒先に!

<年金改革>与野党協議に前向き 首相答弁(毎日新聞)
<雑記帳>10年前のさい銭ドロを謝罪し返金 宇都宮(毎日新聞)
北教組、08・09年度の会計書類隠ぺいか(読売新聞)
<4歳衰弱死>保護責任者遺棄容疑で両親逮捕 埼玉(毎日新聞)
<中日>球団にネルソン投手釈放の連絡、聴取後厳しい処分も(毎日新聞)

<掘り出しニュース>ばんそうこうで健康管理システム 血圧から気温まで(毎日新聞)

 【兵庫】ばんそうこう型の器具を体に装着するだけで、血圧や体温などを計測し、家族や病院にデータを無線で送信する健康管理システムの開発に、県立大大学院工学研究科の前中一介教授(電気系工学)を中心としたグループが取り組んでいる。一人暮らしの高齢者や生活習慣病の患者が増える中、人体に負担なく、体調を常時把握できる技術で、完成すれば世界初。今年度で基礎技術の開発を終えており、12年度の完成を目指す。【大沢瑞季】

 尼崎市中小企業センターでこのほど開かれた県立大のフォーラムで公開された。開発しているのは、横6センチ、縦2センチのばんそうこう型の器具で、胸や腕などに張り付ける。超小型センサーなどの技術を持つ前中教授が「付けていることを忘れるようなものにしたい」という思いから、ばんそうこう型を思いついた。

 血圧や体温、脈拍、発汗などの人体データだけでなく、日照や気圧、温度、湿度、騒音などの環境データも測ることで、寝たきりになっていないか、階段から転んでいないかなど、置かれた状況も把握する。約10のセンサーを厚さ1ミリ以内に収める予定だ。

 素材は、皮膚の伸びにも対応し、蒸れないようなシリコン樹脂を使い、着けたまま風呂に入ったり、運動できるものを目指している。センサーが計測したデータは、無線で基地局を経由して福祉施設や病院、家族宅などのパソコンに送られる。異常があれば、警報が鳴り、救助に駆けつけることができる。また病気の兆候を発見し、早期治療に結びつけることもできる。

 将来は大量生産することで、1個100円程度で流通させたい、という。前中教授は「人体を常時観測したデータが蓄積されれば、流行疾患の把握など、新しい研究にも役立つ」と話していた。

沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け(産経新聞)
外国たばこ、値上げ認可=財務省-マールボロ340円に(時事通信)
点検期限超過で2カ月半飛行=スカイネットに厳重注意-国交省(時事通信)
元「派遣村」村長、湯浅・内閣府参与の辞表受理(読売新聞)
【東京マラソン2010】30年…届いた初恋ラン 74歳、婦“走”夫随(産経新聞)

路上で女性殴られ眼球破裂=かばん奪い、男が逃走-愛知(時事通信)

 28日午後11時25分ごろ、愛知県蟹江町学戸の路上で、同町に住むアルバイト女性(24)が自転車で帰宅途中、前から歩いて来た男に鈍器のようなもので殴られ、かばんを奪われた。女性は頭蓋(ずがい)骨骨折や左目眼球破裂など2カ月の重傷を負い、失明の恐れがあるという。県警蟹江署は強盗致傷容疑で男の行方を追っている。
 同署によると、男はすれ違いざまに突然、女性の左頭部を殴ったという。現金約1万8000円や携帯電話などが入ったかばんを奪うと、現場から約20メートル先の飲食店駐車場に止めてあった黒っぽい軽自動車に乗って逃げた。
 男は茶髪で黒いダウンジャケットを着ていたという。 

【関連ニュース】
苫小牧市内でナイフ発見=兵庫の72歳女性強殺
内装業の男を逮捕=兵庫の72歳女性殺害容疑
強盗致傷を窃盗と傷害=適用罪名変更、裁判員判決
裁判員「DVD参考になった」=強殺事件で無期懲役判決
韓国で男逮捕、代理処罰へ=東京・新宿の指輪強盗

女性保育士が虐待?園児の口に粘着テープ(読売新聞)
<普天間移設>「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調(毎日新聞)
「物理」で出題ミス=鹿児島大(時事通信)
雑記帳 歴女来たれ…「甲州軍団出陣」信玄と歩く女性募集(毎日新聞)
病院建設現場でクレーン横転…1人重体(読売新聞)

五輪招致の赤字6.9億円に=活動報告書を公表-東京都など(時事通信)

 2016年夏季五輪の招致に失敗した東京都と東京五輪招致委員会(会長・石原慎太郎知事)は24日、招致活動の報告書を公表した。活動の収支は実質6億9000万円の赤字で、民間から同額を借り入れて均衡させることにしている。
 報告書によると、招致費用150億円は税金100億円、企業からの寄付金など民間資金50億円で賄う計画だったが、景気低迷の影響で民間資金が41億6000万円にとどまり収支不足となった。このため、招致活動の主な契約先である電通から赤字相当額を借り入れる。
 石原知事は、10年度以降も招致委を存続させる意向。招致委が開催するスポーツ振興イベントの事業収入などを借入金の返済に充てるという。 

避難指示応じず、津波到達予想時刻にサーフィン(読売新聞)
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用-厚労省(時事通信)
両陛下がハゼ展を視察(時事通信)
ナゾの深海魚、日本海沿岸に続々漂着(読売新聞)
夫婦別姓 異論なんの 首相後押しで成立へ突進(産経新聞)

春一番 関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気(毎日新聞)

 移動性高気圧と南から暖かい風が入り込んだ影響で、日本列島は25日も各地で気温が20度を超え、5月上旬~下旬並みの陽気となった。気象庁によると、奈良市と堺市で23.9度となるなど、152地点で最高気温が2月の観測史上最高を記録。関東や西日本の広い範囲で「春一番」が観測された。東京湾周辺では同日朝に濃霧が発生し、羽田空港(東京都大田区)発着の日本航空と全日本空輸で計144便が欠航するなど、約3万2000人に影響が出た。

【特集】25日も暖かい 全国の天気

 気象庁によると、2月の最高気温を記録したのは他に▽香川県三豊市23.5度▽石川県かほく市23.2度▽島根県出雲市22.8度▽岡山県倉敷市、富山市22.5度▽新潟県胎内市22.1度▽岩手県岩泉町20.5度▽秋田市19.8度▽青森県八戸市19.0度▽北海道増毛町15.0度--などで、平年を10度以上、上回った。東京都心は平年より7.8度高い18.3度だった。

 春一番は立春から春分の間の気温が上がった日に吹く、風速8~10メートル程度以上の南寄りの風。25日は関東、中国、四国、九州北部の各地方で観測された。いずれも昨年より12日遅い。同日の最大瞬間風速は▽愛媛県伊方町26.7メートル▽山口県萩市22.6メートル▽長崎県対馬市22.5メートル▽島根県・石見空港22.1メートル▽福岡市18.6メートル▽東京都心14.4メートル--など。

 東京湾周辺の濃霧は、暖かく湿った空気(暖湿気)が海水面で冷やされて発生した「移流霧(いりゅうぎり)」。移動性高気圧が日本の東海上に移動した影響で、南から暖湿気が関東に流れ込み、冷たい東京湾に触れて水滴となった。東京航空地方気象台によると、羽田空港の視界は一時100メートル程度まで悪化したが、これは06年4月12日以来だという。

 26日は前線を伴った低気圧の影響で、全国的に雨となる見込み。【福永方人、馬場直子】

【関連ニュース】
【特集】夜になっても気温は高め アメダス全国の気温
【特集】春はもうすぐ さくら情報
春一番:九州南部に 宮崎市で23.5度、今冬一の暖かさ /宮崎
【特集】写真でみる各地のさくら便り

<宮城アパート火災>心肺停止状態の4歳女児死亡(毎日新聞)
自民・石破氏「派閥解消、あつれき覚悟で」(読売新聞)
テレビ動物園
高校無償化 首相、朝鮮学校の「除外」示唆(産経新聞)
小沢氏、平成19年分の政治資金虚偽記載でも不起訴処分に 東京地検(産経新聞)
プロフィール

Author:まるたけし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。